ゴーヤの栄養価はおすすめ食材認定!注目成分モモルデルシンの美容&健康効果とは?

ゴーヤをおすすめする女性の図

『ゴーヤの健康効果と美容効果について』というテーマで私の実体験をもってまとめてみました。

まずゴーヤはかなりおすすめの食べ物なので積極的に食べてもらいたいと思います。

「ゴーヤは夏野菜の王様」栄養価の高いスーパー野菜!

夏野菜の定番と言えば、キュウリ・トマト・オクラ等色々ありますが、ゴーヤは「夏野菜の王様」と言われているほど他の野菜にはないパワーがあり、栄養価も非常に高い野菜です。

主人の父が家庭菜園で毎年、ゴーヤを作っており我が家でも夏野菜の定番として食卓に並びます。

毎年何気なく食べていたゴーヤですが、健康面にも美容面にも効果抜群の優秀な野菜だったという事が分かりました。

ゴーヤのあの独特な苦みが苦手だという方は多いと思いますが、調理法を工夫すればそんなに苦みを感じる事なく美味しく食べる事が出来ます。

ゴーヤに含まれる栄養素は盛り沢山!注目成分!モモルデシン!

「夏野菜の王様」ゴーヤには、ビタミンC・カルシウム・マグネシウム・食物繊維・ベータカロテン・カリウムなどの栄養素が含まれています。

他にも妊活、妊娠初期には欠かせない葉酸や疲労回復に効果的なビタミンB1なども豊富に含まれています。

そしてゴーヤの苦み成分であり注目の成分が「モモルデシン」です!

ゴーヤの注目成分モモルデシンは美容と健康に効果あり?!

という栄養素があるのですが、この成分が美容や健康に大きく効果のあるものなのです。

モモデルシン(ゴーヤ)の健康効果チェック!

この「モモルデシン」という栄養素には、肝機能を高め、疲労を回復する効果や胃液の分泌を促し食欲不振を解消させる働きがあります。

その他にも、血糖値を下げたり、血圧をコントロールしダイエットや成人病予防に効果的と言われています。

人間は肝臓が弱ると体に様々な不調を及ぼします。

ゴーヤに含まれる「モモルデシン」の効果によって肝臓の働きを良くし、夏バテ予防にもなりますので、積極的に食べる事をお薦めします。

モモデルシン(ゴーヤ)による美容効果について

ゴーヤにはビタミンCも含まれているのですが、なんとレモンの2~4倍さらにキュウリやトマトの5倍以上ものビタミンCが含まれています。

ビタミンCには抗酸化作用があるので、お肌の新陳代謝を促し美肌効果があります。ビタミンCを含む食材の多くは加熱に弱く、加熱するとビタミンCの効果が半減してしまう場合が多い中、ゴーヤが持つビタミンCは加熱に強く壊れないのが特徴です。

また、食物繊維も豊富ですがこちらはセロリの30倍も含まれています。

夏野菜の中でも断トツで、さすが「夏野菜の王様」と言われるだけはあるといった感じです。

さらに、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く持っており便秘解消の効果があります。

ゴーヤを使った手軽レシピ!チャンプルーがおすすめ!

我が家では、小さな子供でも食べられるように薄切りにスライスして、ゴーヤチャンプルーとして食べる事が多いです。

スライスした状態で冷凍保存も利くので、あと一品・・・という時などにすぐに作れて便利です。

独特な苦みが特徴的なゴーヤですが健康効果や美容効果はとても優れているので、これからも積極的に食べるようにしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする